売れないサイトの特徴

時代遅れのサイトは売れない

構想からサイトのデザインまで全て行うのは時間が必要な作業です。外注すれば構想を考えるだけで済みますが、お金がかかってしまいます。そんな時に便利なのがサイトM&Aです。構想に近いサイトを購入するだけなので、外注するよりも少ない費用で済む場合があります。また、すでに運用されているサイトということで、一定のアクセス数を見込める点もメリットの1つです。売る側としては手放したいサイトをお金にできたり、かけたお金よりも高く売れたりという魅力があります。ただ、売りたくても買い手がいなければどうしようもありません。たとえば、デザインやコンテンツが時代遅れのサイトは、流行りのサイトよりも売れる見込みは低いです。

似ている内容のサイトが多い

デザインやコンテンツの内容が似ているサイトも売れない特徴の1つなので覚えておく必要があります。買い手としては購入したとしても競合が多い状況なので、成果が出るまでに時間がかかりやすいです。逆に似ている内容が少なく、オリジナル性があれば目立ちやすいことから、買い手に注目されるでしょう。そのため、売りたいサイトと似ているサイトがあるかどうかを調べ、なければすぐにでもサイトM&Aを行うと良いです。似ているサイトが多数見つかった時は、差別化を図るために手直しを加えるべきです。ただ、全てを手直しするのは時間がかかるため、コンテンツの配置を変更したり、記事を修正したりなど、部分的に行うのがポイントです。上手く差別化できれば、オリジナル性の高いサイトとして高く売ることができます。