サイトM&Aのデメリット

売却時のメリット紹介

サイトM&Aはインターネット上にあるウェブサイトを売却するときに使います。これから利用をするにあたってのメリットを知っておくといいでしょう。既存のサイトを売却するときにはまとまったお金が手に入るメリットがあります。他にも複数のサイトを運営しているときには集客力が減ってしまったサイトを断舎離して特定のサイトの業務に集中できるのも強みです。アフィリエイトをしている方でこれ以上成長性が見込めないときには売却して現金化できます。 バイアウトしてまとまったお金が手に入れば、それを使用して新しいウェブサイトを構築できるでしょう。個人サイトの運営だと外部との接触が少ないですが売却をすると企業とかに買われる可能性もあるため人脈作りにも使えます。

デメリットも知っておくといい

現在運営を行っているサイトを売却する行為は場合によってデメリットになるといえるでしょう。例えばサイトを手放す行為は収益を出せるストックが減ってしまう行為です。収入が減ってしまうため、あとのことも考えて売却をしないと損をしてしまいます。アフィリエイトをしている方はASP会社に登録しているため企業と契約も行っているのが特徴です。個人契約をしている方は契約内容を引き継ぎできないので注意が必要と言えます。 競争禁止業務はサイト売却時に契約書に書かれているものです。これは売却をしてすぐに同じサイトを立ち上げてはいけないという内容をしています。購入した側に不利益が発生してまうので新しくサイトを立ち上げるときには要注意です。